白髪染めには泡染めと部分染めと二種類ある

白髪染めには2種類の染める方法があります。

泡での白髪染めとブラシでの部分染めです。

基本的に両方とも市販の薬局で売っています。

本日は両方の良し悪しについてご紹介させていただきます。

まず泡での白髪染めについてですが、いい点は髪の毛全体がムラ無く染まるという点です。

泡を使って髪の毛全体を覆うため、普段やるシャンプーのようにきちんと染めることができます。

手馴れた動作で白髪染めを行うため、塗り忘れをすることがあまりありません。

ですが、デメリットと言ったら一度開けてしまったら、後で残りを使うと言うことができません。

そのため、毎回一回ぽっきりという金銭的なデメリットがあります。

次に部分染めについてですが、こちらは一部分だけ白髪が生えてしまう人向きの商品です。

老化してくると、前髪だけだったり、横の部分だけ白くなってくる場合があります。

そんな時に部分染めをしてあげると綺麗にそまり、白髪染めをしなくていい部分にまで液をつけなくても済みます。

結果、必要の無いところにはダメージは行かず、必要な部分にだけ液をつけることができます。

このように、泡染めと部分染めには違いがちょくちょくあり、長所と短所も違います。

ご自身の用途に合わせてご購入されることをお勧めします。

まずは薬局に行って、どんなものがあるのかリサーチしてみてはいかがでしょうか。

日々白髪染めも進化しているため、白髪染めにこんなに種類があるのかとびっくりするかもしれませんね。

Comments are closed.