シャンプー前に使う白髪染め

もっともポピュラーで、美容院などでも使われている白髪染めの方法が、このシャンプー前に白髪染めを行うタイプですね。

どんなものかと言いますと、お風呂前に髪の毛に白髪染めの液をつけ、15分から30分そのままにしておく作戦です。

そうすると、何が違うかというと、シャンプー後に白髪染めをやるのとは違い、髪の毛にしっかり色が入り染めた後はよりいっそう綺麗に染まります。

根っこから毛先まで綺麗に染めたいという方にはお勧めの白髪染め方法です。

ですが、こちらにもやはり欠点があります。

その欠点の一つが自分で毎回やらないといけないということです。

シャンプー後の白髪染めは意外と頻繁に行う必要があるため、習慣化してしまうことがおおいのです。

ですが、シャンプー前の白髪染めの場合、どうしてもめんどくさくなってしまうことが多く、なかなか始めるのに踏み切れず、頭には白髪が何本も出てきてしまうといった結末になります。

普段から自然に染めているシャンプー後の白髪染めのほうが、常日頃から綺麗な髪でいられます。

こちらのシャンプー前のものは、よりいっそう効果を表すため、シャンプーハットを頭につけたり、ラップを頭に巻いたりなどをして、保湿効果を高めるのもまたいいかもしれませんね。

最後に、白髪染めの液はメーカーによって効果や刺激臭といったものが違うため、しっかりと確認してからご利用ください。

肌荒れや髪の毛のダメージの原因になりかねません。

参考ページ:ヘアカラーのかぶれ・アレルギー【URL:http://www.jhcia.org/qa/qa07/

Comments are closed.